作り方

【必須】ブログのプライバシーポリシーと免責事項の書き方

「まだプライバシーポリシーを準備していない」
「掲載したいけど何を書けばいいのか分からない」
「プライバシーポリシーと免責事項の書き方が知りたい」

個人ブログの場合でも、プライバシーポリシーと免責事項のページは必須です。

規約違反によるツールやサービスの利用停止、最悪のケースだと訴訟問題に発展することもあるので、ブログの信頼性アップのためにも必ず作っておきましょう。

想定している環境

  • 個人で運営しているブログである
  • Googleアドセンスやアフィリエイトの広告を掲載している
  • Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを使用している

プライバシーポリシーとは?

プライバシーポリシーとは、個人情報の収集や活用、管理、保護に関する取り扱いの方針を記載したものです。

以下のような個人情報を保護し、目的以外には使用しないことをプライバシーポリシーとして明記する必要があります。

  • お問い合わせフォーム(名前・メールアドレス・年齢など)
  • Googleアナリティクスなどの解析ツール(年齢・性別・地区町村までの住所など)

GoogleアナリティクスやGoogleアドセンスなどのツールには、利用規約によって「プライバシーポリシーに明記する内容」が定められているケースもあります。

知らないうちに規約違反をしないためにも、各サービスの規約に沿った、適切な文言をプライバシーポリシーに明記しておきましょう。

免責事項とは?

免責事項とは、ブログに掲載した情報によって生じたトラブルの責任範囲を明記した項目のことです。

例えば、おすすめ商品として「耳栓」を紹介し、ユーザーから「サイズが合わなかったから責任を取れ」と言われても困ってしまいますよね。

上記のようなトラブルを回避するためにも、ブログの責任範囲を「免責事項」として明記しておくことが重要なのです。

Googleアドセンスやアフィリエイトの広告をブログに掲載している方には、特に重要な項目と言えるでしょう。

【目的別】プライバシーポリシーの書き方

  1. Googleアドセンス
  2. Googleアナリティクス
  3. Amazonアソシエイト
  4. お問い合わせフォーム・ コメント機能

Googleアドセンス

Googleアドセンスに関して記載するべきポイントは以下の2つです。

  1. Cookieを利用してユーザーに最適化された広告を配信している
  2. Cookieはユーザー自身で無効にできる

ひな形(テンプレート)は記事の後半にて紹介しています。

あめぎ
アドセンスの審査合格前に記載しておこう

Googleアナリティクス

Google アナリティクス利用規約7.プライバシー
https://marketingplatform.google.com/about/analytics/terms/jp/

プライバシーポリシーに記載するべきポイントは以下の3つです。

  1. Googleアナリティクスを使用している
  2. Cookieを利用している
  3. データが収集・処理される仕組み

ひな形(テンプレート)は記事の後半にて紹介しています。

Amazonアソシエイト

プライバシーポリシーには、以下の文言を明記します(【ブログ名】には自分のブログ名を記載)。

【ブログ名】は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

お問い合わせフォーム・コメント

お問い合わせフォームやコメント機能に関して記載するべきポイントは以下の2つです。

  1. お問い合わせフォームやコメント機能で取得する情報
  2. 取得した個人情報の利用目的や用途

WordPressのコメント機能には、IPアドレスを記録する機能がついています。

IPアドレスは個人情報ではないものの、市区町村までの住所を把握することができるので、IPアドレスの扱いに関しても明記しておくと親切でしょう。

  1. コメントにはIPアドレスが記録される
  2. スパムや荒らし以外の対応にIPアドレスは使用しない
  3. 誹謗中傷や公序良俗に反するコメントは削除する場合がある

免責事項

免責事項に関して記載するべきポイントは以下の2つです。

  1. 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等には責任を負いかねる
  2. 可能な限り正確な情報を掲載するよう努めているが、誤った情報や古い情報が入り込んでいることもある

どれだけ気をつけていても、間違った情報を掲載してしまうことはあります。トラブルを回避するためにも、免責事項はしっかりと明記しておきましょう。

その他

プライバシーポリシーと免責事項と合わせて記載しておきたい項目です。

著作権・肖像権

著作権・肖像権に関して記載するべきポイントは以下の3つです。

  1. 文章や画像の無断転載の禁止
  2. 著作権や肖像権を侵害している場合は、すぐに対応する
  3. 著作権法の範囲内であれば引用は可能(引用の際は、必ず引用元を明記)

リンク

リンクに関して記載するべきポイントは以下の2つです。

  1. 当ブログはリンクフリー*である
  2. 画像の直リンク*は許可しない

*リンクフリーとは?

他のサイトから自由にリンクしても良いと意思を表明すること。

*直リンクとは?

画像などのメディアファイルのURLをそのままウェブページに貼り付けたり、リンクを張ったりすること

各項目のひな形(テンプレート)を紹介

プライバシーポリシーのひな形(テンプレート)を用意しました。以下のツールとサービスを使用する想定でのサンプルになります。

  1. Googleアドセンス
  2. Googleアナリティクス
  3. Amazonアソシエイト
  4. お問い合わせフォーム
  5. コメント機能

コピペして使っていただいても構いませんが、各ツールやサービスの利用規約をしっかりと把握した上での適宜調整をお願いします。

個人情報の利用目的
【ブログ名】(以下「当サイト」)では、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

個人情報の第三者への開示
当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

  • 法令等への協力のため、開示が必要となる場合

なお、お問い合わせフォームからいただきましたメッセージは、サイト内にて利用させていただく場合がございますが、その目的以外には利用いたしません。掲載時に名前などが特定できる個人情報は一切公開いたしませんので、ご安心ください。

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止
ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

アクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することができますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

広告の配信について
当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

また、当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

当サイトへのコメントについて
当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。すべてのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承ください。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除することがあります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

免責事項
当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属いたします。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させていただきます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

プライバシーポリシーの変更について
当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

制定:○○年○月○日
改定:○○年○月○日

【ブログ名】
【ハンドルネーム】

プライバシーポリシーを掲載する手順

プライバシーポリシーを掲載する手順は、以下の3ステップです。

  1. 固定ページの作成
  2. フッターメニューの作成
  3. 誰でも閲覧できる場所に設置

固定ページの作成

まずは、プライバシーポリシー用の固定ページを作成していきます。

WordPress管理画面→固定ページ→新規追加を選択します。

タイトルを「プライバシーポリシー」などと設定し、本文を入力後、公開ボタンをクリックします。この際、ページを判別しやすいようにURLスラッグを「privacy-policy」としておいてもいいですね。

設定→プライバシーからは、プライバシーポリシーページを指定することができます。

「プライバシーポリシーページを変更する」のタブから作成したページを指定し、「このページを使う」をクリックしましょう。

フッターメニューの作成

外観→メニュー→メニュー名を「フッタメニュー」などに設定→「フッタメニュー」にチェックを入れる→「メニューを作成」をクリックします。

メニュー項目を追加「固定ページ」のタブを「すべて表示」に切り替え、作成したプライバシーポリシーページを指定し、「メニューに追加」を選択後、「メニューを保存」ボタンをクリックすれば完了です。

まとめ

ブログを運営していく上で、プライバシーポリシーページの設置は必須です。

5分もあれば設置することができるので、まだ作っていないという方は今すぐプライバシーポリシーと免責事項を記載しておきましょう。

まとめ

  • 個人ブログでも、プライバシーポリシーページの設置は必須
  • プライバシーポリシーとは、個人情報の取り扱い方針を記載したもの
  • 免責事項とは、トラブルの責任範囲を明記した項目のこと

ブログを実際に始めたい方へ

ブログを実際に始めたい方のために、初心者でも10分でWordPressブログを開設できる方法を紹介しています。

WordPressブログの始め方!初心者向けに失敗しない方法を解説

WordPressブログの始め方!初心者向けに失敗しない方法を解説

続きを見る

  • この記事を書いた人

あめぎ

29歳|ブログの始め方や書き方、収益化などのノウハウを初心者にも分かりやすく解説|15年間の宗教の束縛→いじめ→ブログで人生が好転→1年でブログ収益30万円達成→PTSDとうつ病の療養中

詳細プロフィール

-作り方