作り方

エックスサーバーから他社へドメイン移管する方法を解説

エックスサーバー(エックスドメイン)から他社サービスへドメイン移管する方法を解説します。

サーバー移管を検討している方は、ドメイン移管よりも先にサーバーの移転作業を行うことをおすすめします。

エックスサーバーからConHa WINGにサーバー移管する方法を解説

エックスサーバーからConHa WINGにサーバー移管する方法を解説

続きを見る

移管できないドメインについて

ドメイン移管ができない制限や条件は以下の通りです。

  • ドメイン移転の承認メールを受け取れない
  • ドメインロック(トランスファーロック)が設定されている
  • ドメインの更新期限が14日以内である(.jpドメインを除く)
  • 独自ドメインを取得・移管してから60日以内である(.jpドメインを除く)

他社にドメイン移管を行う場合は、上記の制限や条件を確認した上で申請を行いましょう。

ドメイン移管の際の制限や条件は各サービスによって異なるので、念のため確認しておくといいでしょう。

エックスサーバーから他社へのドメイン移管方法

エックスサーバーでドメインのレジストラロックを解除するには、まずドメインを解約する必要があります。

解約しないと「レジストラロック設定」が選択できない

①ドメインを解約する

移管するドメインを解約するには、エックスサーバートップページのドメインから該当するドメイン名をクリックします。

契約情報画面が表示されるので、基本情報の「解約」から「解約する」を選択します。

「解約申請をする」をクリックすれば完了です。

②レジストラロックを解除する

解約が完了すると、「レジストラロック設定」が選択できるようになります。

レジストラロックの変更後の項目を「解除する」にし、「設定を変更する」をクリックします。

③Whois情報のメールアドレスを変更する

ドメインの移管には、Authcode(オースコード)と呼ばれる認証鍵が必要になります。

認証鍵はWhois情報のメールアドレスに送信されるので、あらかじめ受信可能なメールアドレスに変更しておきましょう。

Whois情報のメールアドレスを受信可能なメールアドレスに変更したら、「確認画面へ進む」をクリックします。

上記メッセージが表示され、入力したメールアドレスに有効性を確認するメールが届きます。

メール本文に記載してある認証用URLをクリックし、Whois情報の変更を確定させます。

④認証鍵を発行する

認証鍵の発行をするドメインを選択します。

認証鍵の項目から「レジストラコンタクトへ認証鍵を送信する」をクリックします。

確認ウインドウにて「送信する」をクリックすると、Whois情報に登録したメールアドレスに発行された「認証鍵(Authcode)」が届きます。

⑤移管先にて認証鍵を入力する

認証コードの発行後の手順は、ドメインの移管先サービスによって異なります。以下のリンクを参考にしてください。

  • この記事を書いた人

あめぎ

29歳|ブログの始め方や書き方、収益化などのノウハウを初心者にも分かりやすく解説|15年間の宗教の束縛→いじめ→ブログで人生が好転→1年でブログ収益30万円達成→PTSDとうつ病の療養中

詳細プロフィール

-作り方